2018年に大流行しそうなもの16個

タイトルの記事がPOPSUGARというアメリカのウェブ雑誌に出てた。ゴシップ目当てで読んでたけど、リニューアルしてからはゴシップよりライフスタイルマガジンって感じになっている。タイトルだけざっと拾ってみたい。

www.popsugar.com

1. Pop Culture Trend of the Year: Kickass Women

ポップカルチャーの今年のトレンドは、ぶちかます女たち

f:id:FKYK:20180117161340p:plain

ジョージ・クルーニーがお友達たちと取ったゴージャスな泥棒軍団オーシャンズ11の女性版のオーシャンズ8が2018年に公開予定。最近のセクハラ告発#metoo運動なんかも含め、強い女がカルチャーの中心になっていくらしい。kickassってケツを蹴り上げるって感じでいいのだろうか?Weblioによると「ぶちかます」らしい。


2. Color of the Year: Lavender

今年のカラーは、ラベンダーで決まり

f:id:FKYK:20180117161414p:plain


3. Drink of the Year: Sparkling Everything

今年の飲み物は、何もかもスパークリング

f:id:FKYK:20180117161458p:plain


4. Travel Destination of the Year: The Philippines

今年の旅行先は、フィリピンで決まり

f:id:FKYK:20180117161534p:plain

フィリピンのボラカイ島推し。前にセブ島に拠点があるオンライン英会話習っていた時の先生がよくボラカイ島に行ったと話してくれた。いつもすごくお勧めしていた。写真も見せてもらうと、うそみたいに白い砂浜に青い海と空だった。立派なホテルもあり日本食も食べられると言っていた。先生の写真だと人もあまりいなかった。穴場スポットなのかもしれない。


5. Beauty Trend of the Year: Water-Infused Products

今年の美容トレンドは、ウォーターベースプロダクト

f:id:FKYK:20180117161601p:plain

water-infusedがウォーターベースと違うのかがわからない。ググるとinfused waterに飛ばされる。infused waterの写真を見ると、日本のデトックス・ウォーターでいいのかな?記事中のリンクを飛ぶと、水のクリームみたいのが出てきたから、肌水のクリーム版と思えばいいのだろうか?ウォーターベースってより、水そのものって感じ。


6. Look of the Year: The '80s, Modernized

今年の見た目は、モダンになった80年代テイスト

f:id:FKYK:20180117161848p:plain

まだ続くの!?リアル80年代を生きた人間には、似合わないスタイル。というか、体形の崩れが激しくてほとんどの服が似合わないけど。


7. Fitness Focus of the Year: Soul-Care

今年のフィットネストレンドは、ソウルケア

f:id:FKYK:20180117161926p:plain

スピリチュアルなことなのかと思ったら、違うみたい。文中のAnimal Flowに飛ぶとなんか腕のポーズに特徴があるヨガみたい。アメリカではやったものは絶対六本木あたりに来るけど、これも来るのだろうか?地味だから流行らなさそう。


8. Wedding of the Year: Harry and Meghan

今年の結婚式は、イギリスのハリー王子とメーガンのロイヤルウェディングで決まり

f:id:FKYK:20180117162225p:plain

個人的にSUITSというドラマが大好きで、タイトルどうり、みんなファッショナブルで、メーガンもいつも体にフィットした上質な服を着ていた。すごくスタイルもいいし、ファッションも楽しみにしていた。ドラマ降板は残念だけど、私生活でもおしゃれな人みたいだから、今後は公務でのファッションが楽しみ。


9. Antianxiety Product of the Year: CBD

今年の精神安定剤は、CBDで決まり

f:id:FKYK:20180117162634p:plain

というか、Antianxiety Productを精神安定剤と訳していいのか?不安を和らげるサプリメントくらいなんだろうなあ。こんなのがファッションマガジンの今年のトレンド特集に入ってくるのがアメリカらしいと思う。日本でありますか?日本だと、ハーブティとかアロマくらいじゃないかな?


10. Parenting Trend of the Year: Smart Feeding Devices

今年の子育てのトレンドは、スマートデバイスで食事管理

f:id:FKYK:20180117162730p:plain

なんじゃらほいと、本文を読んでみるとスマホで管理できる搾乳機などを指すみたいです。自動搾乳機っていうと非人間的だけど、忙しいと時間も忘れがちになるのでスマホでアラーム鳴らしてくれたり、自動で開始終了してくれたりと便利だろうなと想像できる。


11. Attitude of the Year: Taking Action

今年のアティチュードは、行動を起こす

f:id:FKYK:20180117162859p:plain

「1. Pop Culture Trend of the Year: Kickass Women」と同じようなことだな。2017年の終わりから始まったこのムーブメントは果たしてどこへ向かうのか?セクハラをほじくり返して吊るし上げるだけの魔女狩りみたいになると意味がなくなってしまうので、建設的に進んでほしい。ただ個人的にはこの写真にあるような「PUSSY POWER」はやだな。英語圏でのPUSSYがどんな扱われ方されているのかしらないけど、人前で口にしたくない。


12. Healthy Ingredient of the Year: Adaptogens

今年のヘルシー食材は、アダプトゲンに決まり

f:id:FKYK:20180117162956p:plain

アダプトゲン - Wikipedia

アダプトゲンとは、トラウマ、不安、肉体的疲労などのストレスへの抵抗能力を高める働きのある天然のハーブである。

一つのハーブではなく、アダプトゲンを含むハーブ。写真は、ローズマリー、セージ、タイム。wikiのリストにはないけど… アメリカで流行ったら日本にも来るでしょうね。


13. Accessory of the Year: Oversize Earrings

今年のアクセサリーは、オーバーサイズイヤリングに決まり

f:id:FKYK:20180117163032p:plain

安易に真似すると悲惨になる予感。


14. Home Trend of the Year: Matte Black

今年のホームプロダクトのトレンドは、マットな黒で決まり

f:id:FKYK:20180117163139p:plain

写真のマグカップはすごく日本的。


15. Adulting Trend of the Year: Travel as the New Master's Degree

今年のアダルティングトレンドは、修士号の旅をする

f:id:FKYK:20180117163205p:plain

私の英語力ではわからない。昔よくいったアダルトチルドレンみたいな感じ?年齢は大人だけど、まだまだ子供っぽいので大人にならなきゃみたいな。うーん、わからん。


16. Mythical Motif of the Year: Mermaids

今年のミスティカルモチーフは、マーメードで決まり

f:id:FKYK:20180117163234p:plain

これもどう訳せばいいのか分からない。日本語だと、かわいいで全部済ませる気がする。写真を見る限り、普通にインスタ映えでいいんじゃないかと思うけど。

かわいそうな私

今年は一回しか書いてなかったんだな。

ちょっと前に目にしたこの記事、同じような境遇の私がこれを触れずにはいられない。

www.huffingtonpost.jp

だが、10月30日、突然「契約終了」を告げられた。
12月6日の出勤を最後に、12月31日で派遣先の会社を雇い止めになる。

 と書いてはあるけど、記事全体を読むと本人も薄々気づいてたみたいだ。

ここ5年ほど、雇い止めされる日が来るかもしれないと、ずっと不安を抱いて過ごしてきました。部長と課長が2人で話している場面を見たとき、私の雇用をやめるか相談しているのかもしれないと不安がわき上がったものです。そんな気持ちを、日々の忙しさで紛らわせてきました。

不安を日々の忙しさでなぜ紛らわせるのか分からない。辞めるか無期契約になるかどっちかなんだから、考えるべきでは?

一方で、労働契約法の改正でできた新たなルールで、いまの3カ月更新の契約から無期雇用に切り替わり、もうビクビクせずに働けるかもしれないとも思っていました。17年同じ企業に働いてきたので無期雇用を申し込める条件も、満たしていました。

派遣元、派遣先に直接聞かなかったんだろうか?派遣会社は派遣先への要望を伝えるためにあると思って私は働いていたな。

10月30日、派遣会社の営業担当の職員が私に会いに来ました。次の3カ月の雇用の契約を更新するための面談かと思っていたのですが、いつもは仕切りだけのコーナーでやりとりするのに、この日は会議室でした。

3か月更新の時に「仕切りだけ」とはいえ、顔を合わせてるわけなのにその時に何の話もしないんだろうか?自分がしなくても派遣会社はしてくるでしょ。もし、なんのアクションもしなくて、こちらの質問にも答えてくれないような派遣会社だったら問題でしょう。17年もそんな会社の元から派遣されてたの?

そして突然、12月末をもって次の更新はありません、と告げられたのです。
理由は分かりません。何も教えてくれませんでした。
悔しくて言いました。「あなたたち(派遣会社)も、私たちを派遣して得た金の一部をもらって給料を得ているはず。何か言うことはないのですか」
返事はありませんでした。

理由は、労働法だからでしょ。たぶん派遣元も無期社員にする気がなかったんだと思われる。私の派遣会社は、これからも雇用が続くとみられる人だけに無期社員の話をしてると言ってた。この辺は派遣会社によって違うだろうけど。派遣会社は派遣社員の上前を利益にしてるわけだから、利用できない時点で派遣なんてやめるべき。派遣会社の営業にそんな唾を吐きかけるような言葉を言っても仕方がない。

3カ月契約という細切れの更新を繰り返しながら、2001年から同じ会社で17年近く事務の仕事を担ってきた。手取り22万円の給料。賞与、交通費、退職金なし。これで2人の子どもを育ててきたシングルマザーだ。

センセーショナルに書くために盛ってると思うけど、東京在住のシングルマザーが手取り22万円で子供3人育てられますか?いつ離婚したのか分からないけど、この書き方だと小さい時から女手一つで育てている風だ。もしそうであれば、別れた夫から養育費をもらってるか実家の助けがあるはず。シングルマザーがいくら税金安いって言っても、22万円じゃ3人そだてるのは無理。交通費も込みだから、だいたいマイナス1万円の21万円になるし。

東京都の渡辺照子さん(58)は、派遣社員だ。

58歳?あと2年で定年じゃん。だからこそ、あと2年くらいこのまま雇ってくれたっていいんじゃないのぉってことなのかもしれないけど、定年間近でそのあとの人生どうするかって考えないの?労働法関係ないじゃん。正社員でもあと2年じゃん。普通、定年が見えてきたら、正社員の人でもその後の人生を考えなければいけないのに。そんなにそのまま派遣先で働きたいんだったら、アルバイトやパートで働ける可能性とか探ったの?ただ「このままでいたい」って押し通すなんて無理でしょ。

自分が抱えている仕事や雇用の問題や悩みは自分だけの問題と思い込んでしまう。だけど、それはあなたたちの問題じゃない。社会や制度がもたらしたものなのだと伝えたい。

社会制度で振り回されるのは事実だけど、すべて社会制度が悪い!と思ってしまうと問題解決にはならない。

 

私の話。振り返ること7月、派遣会社の無期社員についての説明会があった。同じ職場に働いて5年を迎える人の集まりなので、年齢が高いのは当たり前なんだけど、中年と呼ぶには無理があるような老人もちらほらいた。現実は厳しいのお。

もともと、派遣元の社員って意味ある?って思っていたのだが、その説明会に参加して社員にならないときっぱり決めた。

労働法・派遣法とは別に、派遣先で正社員になるという話が2年くらいあった。まあそれが進まなくて労働法の期限がくるというのに上司に避けられて、ストレスフルだった。正社員になれないんだったらなれないと言って欲しかったのだが、答えはいつも「聞いておきます」だった。もうこれは「ない」なと感じていたけど、いかんせん、学歴やキャリヤ、コネもないので行くところがなかった。なかなか自分から辞める勇気が持てなかった。それでも、決めなきゃいけない。上司では埒が明かないので違う部署の人と話して踏ん切りがついた。可能性のないところにしがみついていたもしょうがない。時間の無駄。というわけで、契約更新時に来た派遣会社の営業に終了することを伝えた。辞めることになるかもということで、有給を使わずにおいていたので、今月は有給だ。今日は給料日だった。働いてないのに給料をもらえるなんて最高だ!

私は自分で決めた。上司や同僚は「酷い法律だ」なんて言ってたけど、法律は関係ない。いいタイミングだった。

上記の記事の女性は本当に

「この会社が私の人生を搾取したんです!」

って思ってるのかな?17年間も働いてきて、そのおかげで生活できたわけだし。自分の人生を人のせいにしてどうするの?搾取されたといいながら、雇止めの撤回を求めてる。また搾取されたいの?

私は自分の人生を自分で決めて生きていきたい。

2016年買ってよかったもの


といっても、金がないのでほとんど買い物をしていない。2016年はアベノミクス3本目の矢が飛ばしたはずなのに手前で落ちてしまったのか遠くへ行きすぎて見えなくしまったのか効果見えずで円高止まらず多くの株が低迷した。4年前に政権交代してアベノミクスが盛り上がり、投資下手な私でも少し利益を上げられていたのだけど、あれよあれよという間に含み損がすごいことになっていた。FXなんて、90万近くの含み損!ええ、1豪ドル100円のときにロング(買うこと)をした私が悪いんです。そんなわけで、貯金増えないどころか、むしろマイナスという恐ろしいことになっていたので、物なんて買えるわけがない。そんな中、爪に火を灯して購入したものたちを紹介したい。


ボトル加湿器

 ペットボトルにつける加湿器。1220円と激安。昔、おしゃれな加湿器を買ったことがあるのだが、説明書通りに手入れをしていても、カルシウムがかっちかちに固まってしまいとれなくなった。動かすたびに水が漏れるのも不便だった。それ以来、欲しいと思っていたけど、手入れのことや持ちの悪さを考えると買いたいものがなかった。結構場所もとるし。手入れしなくていいやつはバカ高かったし、馬鹿でかかった。ペットボトルタイプだと、場所もとらないし、値段的に普通の加湿器の―フィルタくらいなので、使い捨てでいいやと思い購入。仕組みはわからないけど、スイッチを入れるとすぐに蒸気が出る。ペットボトルの口にしっかりとはまるので万が一倒してしまったときも安心。会社用に買ったけど、よかったので自宅用に追加購入した。この手の激安商品にありがちな初期不良も口コミには書かれていたけれど、数か月使っているが壊れずに動いている。

購入前に比較した品々

おしゃれ家電といえばバルミューダ
約5万円。高ぇ。そしてデカい。置くところない。

 

シンプルなデザインで雑貨屋さんにあった一目ぼれして昔買った加湿器。7000円くらいだったと思う。

f:id:FKYK:20170128221527j:plain


少し動かすと水がこぼれ、お手入れしてもカリカリが取れない…二度と使いたくない。

 

 ボルネード サーキュレーター

何年も欲しくてやっと購入。1700円くらいからあるサーキュレーターだけど、これは15000円もする。昔から変わらないデザインらしい。機能も風量3段階で首降りはついていないという昔ながらのシンプル設計。

欠点1:重い

欠点2:掃除をするためにカバーを外すときにドライバーが要る。そして死ぬほど外しにくくて、傷をつけまくってしまう。かなりストレス。外してしまえば掃除は簡単にできる。

良い点は、コンパクトでおしゃれなデザインなので1年中部屋に出しておいてもインテリアの一部としてなじむ。小さいので音もあまりうるさくない。首は手動で縦方向に自由に動かせる。首降りを売りにしているサーキュレータもあるが、必要ないと思う。

購入前に比較した品々

バルミューダ サーキュレーター

デカい、高い(2万円超え)、うるさいの三拍子がそろっている。おしゃれではあるので大きな部屋に住んでる人はいいかもしれない。

 

【Amazon.co.jp限定】 ZEPEAL サーキュレーター ホワイト DKS-20W

【Amazon.co.jp限定】 ZEPEAL サーキュレーター ホワイト DKS-20W

 

アマゾン限定ZEPEAL

2280円と安い。昔私が買ったときは2000円切っていた。羽は小さいが全体は意外に大きい。うるさい。これは、2年くらいでいきなりまわらなくなった。使い捨てと割り切るべし。部屋に出しておきたいデザインではない。カバーは外しやすいが、目が細かいので、掃除は大変。

 

扇風機

日立 扇風機 HEF-110R

日立 扇風機 HEF-110R

 

15年くらい使っていた扇風機が壊れた。3000円もしないくらいのリモコンもついていないタイプ。手荒い使い方をしてもびくともしない丈夫な扇風機だったけど、スイッチが入らなくなってしまったので買い換え。
DCモーターとやらにしたかったんだけど、高いし、よくよく調べてみるとそんなにいいものでもないなということで、従来型の扇風機を買うことにした。前より薄いのだけど、土台がやたらデカい。失敗したかな?と思ったけど、安定しててよかった。羽カバーも取り外し安くなっていてお手入れ簡単。リモコンもついている。とても便利。前のは弱・中・強しかなかったけど、新しいのは微弱みたいなのがついていて心地よく音も静か。さすがに進化している。8000円くらいで購入。


購入前に比較した品々

ダイソン

扇風機に4万円もかけるなんて、ありえない…
羽がないのはいいけど、値段が高すぎるし、デザインが嫌い。

 

バイルバッテリー

 

ポケGOにはまったので購入(2500円くらい)。もっと薄いやつが欲しかったけど、ポケGO需要で安いのがあんまりなかった…
iphoneだと3回は充電できて便利。ポケGOには必携。

 

ケーブル

ポケGO始めるまでは、1日1回の充電で十分だったから、家にあるケーブルだけでよかったけど、モバイルバッテリーで充電するために短いやつを購入。じゃまにならなくてよい。
デザインも気に入ってるが、使用半年で差込口のカバーが外れてきた。使用上は全く問題なし。


ipad pro 9.7"+Apple pencil

 

Apple Pencil MK0C2J/A

Apple Pencil MK0C2J/A

 

iphoneのローンも終わったので自分の誕生日プレゼントに金利1%のAppleローン1年払で購入。持ち運びはしないと割り切ってwifiモデルにした。128Mと悩んだけど、1万円の差は大きい。Apple pencilも欲しいし…ということで32M。必要最低限のアプリしか入れないと誓った。お絵かきとか手書きメモとかで使いたかったのだが、アッポーペンを使うことはあまりなく、dマガジンでもっぱら雑誌を読みまくっている。ここ15年くらいは美容院くらいでしか雑誌を読まなかったのだが、貧乏性を発揮して対して興味ないものも読んでしまう。10万もするのにこんな使い方でいいのかと自問自答中。

 

Fire TV  Stick

Fire TV Stick

Fire TV Stick

 

 

The good wifeというNHKでもやっていた海外ドラマ目当てにアマゾンプライムに入会。やっぱりPCではなくテレビの画面で見たいので1000円割引しているときにstickを購入(3980円)。年間3400円でアマゾンのお急ぎ便なども使えるし、動画のほかに音楽も聞けるし、ものすごくコストパフォーマンスが良い。ただ、ドラマをシリーズ一気に見てしまい週末がつぶれてしまったり寝不足になったりしてしまうのが欠点かも。配信している映画やドラマには満足しているけれど、リモコンで検索が死ぬほどやりにくい。携帯のアプリも使いにくい。


買ってないといいつつ、書き出すと結構買ってた2016年でした。

年女のクリスマス

f:id:FKYK:20161225001122j:plain

4回目の干支のクリスマスデイ。
昼からポケモンGOピカチュウの巣になっている小石川後楽園に行き、サンタピカチュウ*1を取ってた。公園は、手入れが行き届き、都心のど真ん中とは思えない自然を満喫できる癒しの空間だった。他のレアポケモンも結構取れた。えきねっとで予約してあったチケットもJRの駅で受け取ったし、すごく充実した日になった。はい、もちろん、一人です。

なんだか、今年の後半からはポケモンGOに救われた。こう文章で見ると本気であほに見える。48歳でポケモンにはまるなんて思いもよらなかった。
救われたっていうのは、文字通りで、実はポケモンGOが配信される1週間ほど前に会社で入社2年目の派遣社員が正社員になりとうとう私だけが派遣社員のままになってしまった。思い起こせば最初の人が正社員になったとき、その次に古い私が次に正社員になるといわれて2年を過ぎた。その間に1回だけ事情が変わった説明があったけど、その2年目の人よりは早くなるからと言われていた。なのになんの説明もなくそうなったので、ものすごく落ち込んでしまったのだ。事前に説明があるものだとは思いこんでたから。自分でも気持ちの動揺がすごくて派遣会社の人に相談したりしてたんだけど、本当に悲しかった。上司が信頼できなくなったから。落ち込みがひどかった時に、ポケモンGOが配信されて、よくわからなかったけど、ふらふら歩いて出てくるポケモンを捕まえるのが本当に楽しかった。改めて書くと本当にアホだと自分でも思う。でも、事実だから。そんなくだらないことで私は気持ちが上向きになることができた。落ち込んで思いつめて精神が参ってしまうことより全然いい。


昔から12月はよく落ち込む。12月は数少ない友達が忙しくなってかまってもらえなくなるので、精神がすごく落ちてしまうのだ。こんなことで落ち込むのもアホだけど。でも、コントロールできるものでもない。落ちることをコントロールすることはできない。紛らわすことは出来ても。
去年仲良かった男友達が結婚してしまい、一人友達が減った。もともと出不精なので、ずっと家にいてしまう私だけど、あまり家にいるのも精神上よくない。酒も飲まないので飲み屋に行ってもしょうがない。そんな私がポケモン目当てに巣になってる場所まで一人で行くのはいいことだ。それで友達が増えるわけでもないけど、ほとんど公園なので、自然と触れ合えるし、ポケGOやってる人は多いので、周りの人のことなんて気にしないから人の目も気にならない。どんだけ自意識過剰だと言われても、一人でふらっと食べ物屋に入ってくつろぐなんて無理だから。

来年は、派遣法が去年だか今年だかに変更されて、どんな職種でも派遣できるのは3年までとなった。私の場合は、来年いっぱいくらいには方向性を決めなきゃいけないので、岐路に立たされることになる。辞めなきゃいけなくなるかもしれない。いろんな人と交際できるタイプじゃないから、もちろんコネもキャリアも何もないので、転職はかなり厳しい。今の年収300万なんて無理なのだ。今も低いのにこれ以上低くなるなんて無理。

書いてると落ち込んでくる。

ポケGOでごまかしながら、精神を保って来年も頑張っていきたい。

f:id:FKYK:20160812111208j:plain

*1:クリスマス・イベント期間中はピカチュウがサンタの帽子をかぶっている

エンドレス・アンチエイジング


レーザーフェイシャルの3回目が終わった。当初より3回はしようと思っていた。なぜなら、3〜5回で効果がでるとのことだったから。
30半ばから気になっていた大きなシミ、中年になると目の周りや頬によくできるシミをレーザーで消して、ほとんどわからくなった。大きなシミが無くなったら他のシミが目立つようになった。シミを取る前までは、これさえなければ20代と変わらぬ肌なのに…なんて思っていたが、実はシミだらけだった!
レーザーフェイシャルは顔全体に緩いレーザーを当てる。痛みは少ないとのことだったけど、わりと痛い。そのあとビタミン導入もしてくれて、通院しているところではエステ扱いだ。終わると肌は触るともちもちで気持ちがいい。それに、周りの人から肌がきれいになったと言われる。が、シミが薄くなった気はしない。あと小皺にも効くとのことだったけど、変化がわからない。もともと皺はあまりないほうのせいか、今のところ気になっていないけれど、もし顔中のシミを全部取ったら今度は皺が気になってしょうがなくなるのだろうか?キリがない。終わりがない!
海外セレブのようい整形やお直しはやりすぎてしまうのがわかる。一つ気になるところをつぶしたら、また新たなところが気になりだすのだ。アンチエイジングは美容整形とはちょっと違うけど、やりすぎてしまう過程は同じだろうと想像できる。目が大きくなれば私はとてもかわいいと二重瞼にして目が大きくてかわいくなった!→でも、鼻が低すぎるので高くする→やっぱり輪郭がダメだ。エラが張っている…エンドレス!
シミが一つもなくなったらどうなるのだろう?皺が無くなったらどうなるのだろう?20代に戻れる?そんなわけがないのだ。シミも皺も一つもないけど、若くもない。不自然な人間の出来上がるだけ。
とわかったうえでも求めちゃうんだろうね。ハリウッド女優とか見てると、絶対変な顔になってる。そんなサンプルがいっぱいあるのに、パンパンな顔にしてしまう。皺くちゃの顔よりパンパンの顔の方が自分でマシに見えるんだろうな。


お直し過ぎて原型がわからなくなったレニー・ゼルウィガー

続編が出るらしいけど、判読できるのか?

婆こそボーイフレンドウォッチをつけろ


婆なので、出かけるときは腕時計をつける。携帯を時計代わりにするのは嫌いだ。
20年くらい前、携帯もない時代は時計を付けるのは普通だった。周りの人たちも「見て〜、新しい時計買ったんだ」なんてよく話題に上がった。ワープアなので、その時代に買った時計たちを付けていたんだけど、1つ壊れ、2つ壊れ、と次々に壊れてとうとうコンディションが良いのがなくなった。古くなると電池を換えてもあまりもたなくなってしまう。それに、今流行ってる大きい文字盤のボーイフレンドウォッチとやらが欲しい。昔ながらのレディース向けの小さいのはオバハン臭い。オバハンだけど、オバハン臭いのは嫌だ。日本のメーカーはこれがない。あっても海外モデルだったり…。ドレスウォッチならいいんだけど、普段使いが欲しい。ドレスアップなんてほとんどしないしな。
というわけで、ネットで目をつけたブランドショップに買いに行った。結局、ネットで目をつけていた上の写真のようなやつではなくシンプルなボーイフレンドウォッチを買った。大きい文字盤は老眼が進んできたオバハンにもわかりやすく、とっても満足。

ボーイフレンドウォッチじゃないけど、メンズライクウォッチで検索すると出てくるチープカシオのこの時計は、オバハンがするとただの安物しか見えないから要注意。

婆女子


大人女子という言葉が嫌いだ。
でも、40代後半になっても女子高生いや小学生のときから好きだったノートにシールを貼ったりするのがとても好きだ。今はまあまあ流行っているらしくスケジュール帳のシールやスタンプはたくさんの商品がある。1つ1つは安いけど、シールなんて使い切らないし、だいたい途中であきてスケジュール帳も何も書き込まなくなる。最近は色々シールを買い込んでいるのでスケジュール帳つけるのが楽しくて仕方が無い。
一時、紙の手帳はやめてgoogleカレンダーでスケジュールをまとめていた。携帯のほうが持ち歩くし入力するのも楽だ。1年くらいそうしていたがあるときiOSのアップデートがわるかったのか、時間がアメリカ時間になってしまいめちゃくちゃになった。過去データもすべてなってしまいどうしても直せなかった。すごくむかついたのでgoogleカレンダーを削除したのだ。すべてのデータが飛んでしまった。削除しなかったら直ってたのかもしれないけれど、コンピューターはデータが飛ぶとゼロになってしまうということで、紙のスケジュール帳も復活した。それでもしばらくは必要?というくらい白紙状態だったのだけど、半年前くらいから結構書き込んでる。後で見返すと楽しい。イラストはかけないので、ほぼ日手帳で紹介されるようなかわいい絵日記からは程遠いけど、色々貼ったりして楽しんでる。
子供っぽいおばはんだなと自分でも思う。
最近、3mmのマステを買ったら、すごく使い勝手が良かった。キツイ蛍光ピンクと蛍光キミドリだけど、すごく細いのでラインにぴったり。

こんな使い方もあるんだ「山田文具店
売り場のマステの見本はすごくセンスがいいけど、自分では不可能…
シールとスケジュール帳はミドリを愛用中。スケジュール帳はすごく書きやすい。

http://www.midori-store.net/SHOP/95305/132169/list.html
美しいスケジュール帳にかかせないフリクションボール超極細
FRIXION BALL Slim 038
細い線だと字が5割り増しにきれいに見えるのなんでだろう?