入院

2008年8月18日

昨日部屋に入院してきた人の治療かなにかわからないが、夜から変なにおいが充満していた。刺激臭ではないけれど、喉にくるような感じ。咳のこともあるし、もし今度は入院することがあるのなら個室に入りたいと切に思った。経済的にはかなり難しいけれど…。 …

2008年8月17日

病院のスケジュールは、朝6時に起床、7時に朝食、12時に昼食、夜6時に夕食、夜10時消灯となっていた。今まではまったく関係なく過ごしてきたけれど、今日は6時に起きて検温し顔を洗い朝食を待った。元気になると病院はとても退屈だった。見たことがなかった…

2008年8月16日

今日は退院ラッシュだった。隣の人も退院した。向かいのベッドの人も退院した。この人は膣式手術だったらしく私より1日あとに入院してきたのにもう退院だった。膣式は全然楽なようで、毎日毎日大勢の見舞い客や担当の看護師さんと一日中おしゃべりしていた。…

2008年8月15日

朝の担当看護師さんが私の顔を見てびっくりした。昨晩に喉を湿らすためにやたら水を飲んでいたので、すごく顔がむくんでいたのだ。鏡を見ると顔が変わっていた。そして、完全に隣の人の咳がうつってしまった。看護師さんは咳止めの薬を出してくれた。でも、…

2008年8月14日

相変わらずどこが痛いかしんどいかわからない状態だった。食事は少しでもしたほうがいいと言われたけれど、食べ物を見るのも嫌だった。ほとんど寝ていた。隣の人はますます激しく咳き込んでいた。腹腔鏡手術でお腹を切っていないのか、思いっきり咳ができる…

2008年8月13日

もう今が何時なのか時間の感覚もなかった。目を開けると明るかった。ベッドの脇に母からのメモが置いてあった。何回か読み返した。母がいたことなんて、全くわかならなかった。 水曜日は部長回診があり、婦長さんと数人のお医者さんを従えてぞろぞろやってき…

2008年8月12日

6時に起床の放送があった。でも起きるわけでも寝るわけなくベッドで横になっていた。今日は何も食べられないし飲めないのだ。空腹感より喉の渇きが苦痛だった。 たまにカーテンを開けられ看護師さんがきた。わりと頻繁にきた。手術前にやることは結構あるの…

2008年8月11日

入院は1時からの手続きになる。早めに行ったのだが、もう待っている人が手続きの部屋から溢れるほど多かった。ほとんどが老人だった。1時間以上待ってやっと病室に案内された。手に病人の印のリストを着けるともう外出は禁止だ。ベッドには私の名前と手術を…