読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画

「ヤング≒アダルト」

(原題:Young Adult)2011年 最初は切り込み口がちょっとずれていてセリフもおもしろくて、さすが処女作がアカデミー脚本賞取ったディアブロ・コーディだと見ていたのだが… シャーリーズ・セロン演じる主人公は、高校生の時は勝ち組女子で田舎を出て現在は…

キューティーバニー

生まれてすぐ捨てられ孤児院で育てられた家族を知らない少女は、成長するとプレイメイトになってプレイボーイ・マンションに住んで初めてファミリーを手に入れる。だけど、27歳の誕生日に、27歳はプレイメイトでいうと59歳だと言われて追い出される。…

マリー・アントワネット

公開当時はなんとなく評判が悪かったような記憶がある。 ソフィア・コッポラはおしゃれ映画を撮る人…という偏見を抱いていて全然見たことがなかったが、「ロスト・イン・トランスレーション」を友人から勧められて見たらすごくよかったのでこちらも借りてき…

ツリー・オブ・ライフ

しばらくブログをつけてないとはてな記法も忘れてしまっている。ブログを辞めようかなと思ったりもするが、どうせだれも見てないのだから思いだしたときにつければいいのだ。 さて、ツリー・オブ・ライフ。カンヌパルムドールを取り、ブラット・ピットとショ…

私を離さないで

原作は、カズオ・イシグロ作の同名小説。私が死んだら棺おけに入れて欲しいと思っているくらいに好きな小説だ。 映画の評判はよくなかったので期待しなかった。確かに映像は綺麗で、原作を読んだときに頭に浮かんだイメージとかけ離れたりしてなかった。役者…

ヒアアフター上映中止

これを上映中止にするのなら、今、津波が町を飲み込む映像を何度も何度も流すTVのほうを中止するべきなんじゃないの?悲惨な現場に行って被災者にインタビューしたり。見たい人だけネットで繰り返しみればいいと思う。 http://mainichi.jp/select/weathern…

ノルウェイの森

小説、ノルウェイの森を読了。 映画をいっしょに見た人と、服を着たままのsexシーンがイマイチだねと話した。もし、ヌードがだめなのであれば、肩より上を映せばいいし、胸が映らないようにぴったりくっついたり、背中から撮ったりすればいい。とにかく、重…

ノルウェイの森

※これは、香港版のポスター 「濡れない」とか「そそりたった」とか、口に出来るのは経験不足の頭でっかちな文学少女だと思う。意外に経験豊富な子は言えなかったりする。 …にしても二十歳そこそこの子が言えるとは思わないけれど。 映画自体は思ったより良か…

ソーシャル・ネットワーク

久しぶりに新宿ピカデリーで映画を見た。 確かに広告はダサい。 Exactly!しかし、やっと口臭い人のキモイ広告が見なくなったと思ったら、こればっかり。すぐにくわえてくれそうな女! ※クリックしてもポンパレにはいきません

ハングオーバー

最近、ネット界隈で局地的に盛り上がる署名して公開される映画。実は署名運動をしなきゃいけないほど面白い映画って少ないんじゃないだろうか?とこの映画を見て思ってしまった。 前評判を頭に一杯詰め込んだ人々でサービスデーの映画館は満員だったせいもあ…

死霊の盆踊り

GEOの100円レンタルが3月末までだからと借りに行ったら、3月末まで!ののぼりがなくなっており、もしかして永久に100円かとHPを調べてみると7月末まで延長されたようだ。もう、ずっと100円にして欲しい。 そう、100円じゃないと見る気がしないB級、…

コラライン

観る前に批判的なレビューも目についたので期待せずに見た。3Dにもあまり興味なかった。 3D用のメガネはスクリーンで今からつけてというアナウンスがある。そのあとにアリス・イン・ワンダーランドの予告編が流れたのだけれど、落ちて行くところ、小さくなる…

かいじゅうたちのいるところ

かわいい手書きの字、一見怖いけどキュートなかいじゅうたち、着ぐるみを着たかわいい西洋人の男の子。 ポスターを見ただけで、「絶対、見た〜い」と年齢と外見を思わず無視して声に出してしまうような映画。 琴線を鷲掴みにしてくるタイプの映画は、少しず…

空気人形

久しぶりに2時間の映画を一人でひっぱれる女優を見た。ぺ・ドゥナじゃないと成立しない映画。脇を固める人たちも素晴らしかったが、心を持ってしまった人形という現実ではまったくありえないファンタジーなので心を持ってしまった人形に説得力がないとだめな…

キャットファイトでポロリ

最近海女を調べていて、海女の映画を数本見た。日活ポルノでは海女シリーズがあり、それなりに人気もあったらしい。それらが海女を題材にしているのは基本的に、女を水着にしたい・裸にしたいであり、海女に関する風俗は全然わからず資料として全く役に立た…

キャットファイトでポロリ

最近海女を調べていて、海女の映画を数本見た。日活ポルノでは海女シリーズがあり、それなりに人気もあったらしい。それらが海女を題材にしているのは基本的に、女を水着にしたい・裸にしたいであり、海女に関する風俗は全然わからず資料として全く役に立た…

ヤッターマン

監督:三池崇史 原作:竜の子プロダクション 脚本:十川誠志 出演:櫻井翔、深田恭子、福田沙紀 公式:http://www.yatterman-movie.com/ 三連休前の週末に中年女一人でヤッターマンを見るのは侘しい風景だよね。と思ったけれど、勇気を出して行った。週末は…

007 慰めの報酬(原題:QUANTUM OF SOLACE)

監督:マーク・フォースター 出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ他猛スピードのカーチェイスから始まり、一瞬も止まることなく、文字通り息もつかせない展開が映画全編に繰り広げられる。激しい車の…

日の名残り(原題:The Remains of the Day)

監督:ジェームズ・アイヴォリー 脚本:ルース・プラワー・ジャブヴァーラ 出演:アンソニー・ホプキンス / エマ・トンプソンカズオ・イシグロの原作を3/4ほど読んだところで、通信レンタル屋がDVDを送ってきたので映画を見た。原作が好きな場合は往々に…

マンマ・ミーア(原題:Mamma Mia!)

監督:フィリダ・ロイド 脚本:キャサリン・ジョンソン 出演:メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン他 http://www.mamma-mia-movie.jp/ ボートが入り江に近づき音楽が流れてくる冒頭でいきなり映画の世界に引き込まれる。日焼けした肌、すらりと伸びた…

ブラックブック(原題:Zwartboek)

監督: ポール・ヴァーホーヴェン 出演:カリス・ファン・ハウテン、トム・ホフマン他誰が悪人で誰が善人か。何が悪で何が善か。自分の敵を一方的に悪と表現しないで、色々な角度から見る必要性を訴えている。戦後60年たったからこそ描ける映画であり、戦…

「セックス・チェック 第二の性」

こちらも1968年制作。どちらも昔の日本風景が懐かしい。そして、昔の人って本当に野蛮だったんだと思った。こちらも、「昔はよかった」という節穴の目を持った常識人に見せてやりたい。しかし、この映画自体は全然好きになれなかった。戦争を体験した当時の…

「積木の箱」

今から40年前の映画なのに、最近の犯罪者と動機が同じだった。残虐な殺人があるとすぐに「昔はよかった。昔は人情が溢れてた」という人は、三丁目の夕日なんか見ないで、この映画を見ればいい。親に復讐がしたいが、親は殺せない。なので、なんの関係もな…

「増村保造 性と愛」

今、新宿角川シネマで増村保造特集が組まれていて、日替わりで毎日2本ずつやっている。昨日は2本続けてみた。観客は、ほとんど50〜60歳の男性。小さな劇場だけれど、ほとんどの席が埋まっていた。

6デイズ7ナイツ

日曜日、他に見るものがないので見た。 主役のハリソン・フォードの相手役のアン・ヘッシュが着ていた服にびっくり。冒頭こそ、冬のNYだから着込んでいたが、リゾートのシーンのとたん、ペラッペラの体に張り付く露出度の高い服をノーブラで着ていた。遭難し…

バンク・ジョブ(原題:The Bank Job)

監督:ロジャー・ドナルドソン 出演:ジェイソン・ステイサム他 小粋な犯罪映画という感じがするのだが、人が死んでしまうのでそんな風にいいたくない。実話をもとにしているので、本当に仲間が死んだんだろうけど、そこは映画なので生きてて欲しかった。最…

トロピックサンダー(原題:TROPIC THUNDER)

監督・脚本・原案:ベン・スティラー 出演:ベン・スティラー、ロバート・ダウニー・Jr、ジャック・ブラック他下品なギャグ(エグいギャグもある)が満載と映画のパロディシーンがたくさんあって、女受けを一切考えられていないと思われるこの映画のどこがア…

落下の王国(原題:THE FALL)

監督・製作・脚本:ターセム 出演:リー・ペイス、カティンカ・アンタルー 衣装:石岡瑛子 CMやミュージック・ビデオの有名監督。劇場映画ではジェニファー・ロペス主演「セル」の監督。経歴だけ見るとあまりそそられないが、評判とスチール写真に惹かれて見…

ゲットスマート

1960年代に日本では「それ行けスマート」というタイトルでテレビ放映されていたドラマの映画化。 [監督]ピーター・シーガル [脚本]トマス・J・アッスル、マット・エンバー [出演]スティーブ・カレル アン・ハサウェイ他 公式サイト お洒落でおバカなスパイ映…