貧乏アンチエイジングのベストフレンド

ドルックスの化粧水。買うときは、いつも2本単位。合計千円ちょっと。

乳液はシャネル。たいてい海外旅行のときに免税店で購入。値段は失念。日本国内では6000円くらい。
物足りないくらいさらっとしたテクスチャーで、匂いはほとんどなし。敏感肌の人にもおすすめと言われて最初は購入。私には、保湿というよりは肌のきめを整える感じします。

クリームは決まってなくて、色々探索中。
今はランコムを使用中。免税店で6000円で購入。日本国内では8000円くらい。
量はかなり入っていて6000円だとお得。付け心地はさらっとしているが、しっかりと油膜を張ってくれる感じ。匂いはとてもアロマティックないい香りがします。

私は超がつく乾燥肌なので、保湿+油系クリームはかかせない。オイルフリーのジェルタイプの美容液だとまったくといっていいほど効かない。そんな超乾燥肌の私でも若い頃は、夏にはクリームを塗らなかった。しかし、三十路に入ると夏もクリームを塗らなければ、肌がバリバリになってしまうように…。ここ数年は、夏でもTゾーン以外はクリームを塗っています。


日々、この化粧品たちで、テレビでみた小皺に効くマッサージやリンパマッサージをかかさず実行中。でも、どんどん皺は深く刻まれます。手から零れ落ちる砂のように。むなしい。