メリー・クリスマス ミスターローレンス

今日は、クリスマスのせいか甘い物の頂き物が多く、朝から晩までスイーツ漬けだった。
残業で遅くなったのもあり、晩御飯は大根おろしに鰹節をかけ醤油をたらして食べた。胃がすっきりしたように思う。

私が短大生だった20年前、クリスマスは恋人同士のものになりつつあった。
そんな世間とは無縁の私は女友達の家で女ばかりのクリスマスパーティーをしていた(といってもケンタッキーを食べるだけ)。
すると、その家主の女友達が、男友達からもらったという裏ビデオを、一人で見ると興奮したら嫌だから今からいっしょに見よう!とビデオデッキにビデオテープをつっこんだ。私はその前に短大の女ばかりのゼミ旅行で旅館のエロビデオを見て気持ち悪くなった経験があったので、そんなの見たくないと抵抗したのだが、ビデオは始まった。

若い娘が4人コタツに入って無修正のエロビデオをクリスマスに見る。それほど悲しいクリスマスがあるのだろうか?私が未だに一人でいるのも納得のメモリーである。

当然、そのクリスマスパーティーは盛り下がる一方だった。その後、その友達たちとは全員音信不通だ。消息もなにも気になりゃしない。