奇跡のアラフォー

レスラーを見た。私が一番嫌いな映画館のシネマライズで。客は4分の1くらいなのに後ろにおっさんが座り、メタボ腹がじゃまなのか短い足を投げ出し、私の背もたれをキックしてきた。しかも時間が経つにつれ、ぷん、と加齢臭も臭ってきた。。。

号泣するかも。とハンカチを握り締めながら見ていたのだが、うるうるとは来たが泣かなかった。ミッキー・ロークは評判が高く、私も、ウーとうめき苦しそうにウロウロ歩く姿を見るだけでうるっときてしまった。

しかし、当ブログ的には、あまり話題になっていないマリサ・トメイのヌードを語りたい。マリサ・トメイは1964年生まれで今年44歳。映画を撮ったときは2年前と仮定しても42歳の40オーバー。とくに欧米系の人たちは年を取るにつれ肉がつき、プロレスラーのような体型になったりする。彼女は元々痩せ型だとはいえ、あの柳腰は奇跡だと思う。つんと上を向いた乳首。たるみのないお尻と腹。ストリップということで照明が暗いにしても、セルライトなんて全く感じさせない肌。顔はシワが多く自然な40オーバーだが、笑顔がチャーミング。そしてあの体。完璧。これぞ、理想のアラフォー。顔は自然なエイジング(だが、決して老けすぎてはいけない)で脱ぐと完璧な体。胸もありがちなシリコン胸でなく自然だ。もしかしたら、お直しをしているのかもしれないが、すごく自然な感じ。お直しの見本かもしれない。

帰宅してほぼ同い年の私も裸で鏡の前に立ってみた。これは酷い。

奥さん、マリサ・トメイのエクセサイズはフラフープですって!コアマッスルに効くそうよ。明日からやらなければ!

しかし、家でフラフープ回せないよ。狭くて…。