2008年4月

副作用が心配だった閉経治療は順調だった。更年期障害っぽい症状も出ず、イライラもしなかった。ホットフラッシュという更年期障害でよく起きる体温調節障害も起きなかった。ただ、胃痛があったけれど、副作用として若干の報告はあるらしいが、本当に副作用だったのかはわからない。
手術は何が起こるかわからない。ネットで調べた限り、子宮筋腫の手術で死んだ人はいないようだ。というか、死んだら書き込めない。でも、手術で尿道を切られて後遺症に苦しむ人や他の後遺症で苦しんでいる人もいる。前の生活に戻れる保証はないのだ。特に私のように生理も順調でホルモンのバランスも問題ない場合は、後遺症がでたりすると手術をしたことを呪って暮らすようになるだろう。今の状態でやりたいことをやっておかなければ…。
そんな理由をつけて、余裕のお金もないのにハワイに出かけた。海外はよく行ってるが、ハワイは初めてだった。17歳のときからの親友とレンタカーを借りて青い空の下をドライブしたことはとてもいい気晴らしになった。1日3回やらなければいけないスプレキュアも時差を計算して問題なく続けられた。