死霊の盆踊り


GEOの100円レンタルが3月末までだからと借りに行ったら、3月末まで!ののぼりがなくなっており、もしかして永久に100円かとHPを調べてみると7月末まで延長されたようだ。もう、ずっと100円にして欲しい。
そう、100円じゃないと見る気がしないB級、いやC級の「死霊の盆踊り」を借りて見た。この邦題を考えた人は天才だと思う。最高の邦題。そして、この邦題が全て。
タイトルバックに出てくる全身金粉の女は本編にはほんの少ししか出てきません。金粉ショーしないんかいっ!と思わずテレビに向かって言ってしまったくらい。
とにかく、上半身裸の女が次から次へと出てきて変な踊りを踊る。墓場で。司会者?の女がエド・ウッドの映画に出てきそう。と思ったら、脚本がエド・ウッドだった。
みどころは、おっぱいのみ。いろんなおっぱいがある。しかも、当時は整形している人が少ないので、ほとんどが天然だ。今となってはその意味では貴重かもしれない。

↑乳りんに特徴がある人。唇と同じ乳りんの持ち主。