読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばれ、日本

スーパーの棚にインスタントラーメンや米などが戻ってきたし、余震にも、毎日聞かされる原発の悪いニュースにも慣れた。テレビはACのCMより普通のCMのほうが多くなってきたとはいえ、「がんばれ、日本」の嵐だ。そのせいか、がんばれっていうな!という声も聞かれるようになってきた。がんばれって言われてもってことなんだけど、じゃあ、なんと言えばいいんだろう?黙っておけばいい?もし、身近にいるのなら肩でも叩いて黙ってうなずくのが一番いいんだろうけど、遠くから赤の他人がいうのは「がんばって」しかないんじゃないんだろうか?日本は一つというスローガンは気持ち悪いけれど、この大災害から復興しよう!ってことが目的なんだからいいんじゃないかと思う。だって、復興しかないから。
今回は地震だけでなく、原発の問題がある。政府や東電を信用できないのはわかる。でも、どれだけデータを持って現状を説明されても信じられない人がいる。そんな人は、日常生活を普通に送っている人がバカに見えて腹が立ってしかたがないらしい。別に人のことだからほっとけばいいと思うのになぜ逃げない人を罵らなきゃいけないのだろうか?仕事だって死んだら出来ないっていうけれど、仕事がないと死んだも同然じゃないか?大勢が逃げて住む場所や仕事の取り合いになるより、分かってる自分たちだけが逃げたほうが住む場所も仕事も競争率が少なくていいのに。そして、みんなが苦しむ中、ほくそ笑んでそれを見てればいいんだ。