読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誕生日おめでとう。私。

無事に誕生日が過ぎた。
大昔、誕生日にいやなことがあってから誕生日恐怖症になっている。
「いやなこと」も大したことではない。でも、楽しいはずの、楽しい以外は認められない誕生日という日だったから増幅されたんだと思う。
周りを見渡すと、誕生日は特別!な雰囲気がある。特に女はそう。そのせいで感情が振り回されてしまう。誕生日なんだから特別にしなきゃ!誕生日は楽しく過ごさなきゃ!誕生日は大切な人と過ごさなきゃ!自分で自分の首を絞めている。
いやなことがあってから誕生日はなるべく横目で通り過ぎようと誓ったのだけれど、友達によっては通り過ぎさせてもらえないことがある。かといって、何の反応もしない友達は冷たいと感じるから困ったもんだ。
今年の誕生日は、平日だった。仕事は暇だったので休もうと思えば休めたのだけれど、下手に家にいると→昼まで寝て、ちょっとご飯食べてだらだらしてたらああ日が暮れたよ…ってことになるので普通に出勤した。前倒しで入ってきた仕事をだらだらとして退社後、通勤途中にある気になってたおしゃれカフェで一人飯をした。女ひとり客もいるし居心地はまあまあ。喫煙とペット可なのが私にとってマイナスポイントだけれど、店内は広いし味もまあまあなので満足して帰った。
あと今年の誕生日に絶対しようと思ってたことがあった…それはキアヌ・リーブスが一人でカップケーキにろうそく突き刺して誕生日を祝っていたというパパラッチ写真と同じようにすること。なので、コンビニにいって丸いマロンケーキを一つだけ買ってろうそくを指して火をつけた。キアヌは火をつけてなかったけど。
もう、甥っ子からも誕生日メッセージは来なくなったけど、40才を過ぎた誕生日なんてこんなもんでしょ。寂しいけどね。


一人で誕生日を祝うキアヌさん(46)