読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が楽しい!と呪文を唱えてみる

今年はブログに書くことはなるべく楽しいことにしていこうと思っている。Twitterを読んでいても愚痴や批判ばかり書く人は人間が小さく、そして不幸そうに見える。かといって、有名人の特に女性みたいに自慢話ばかりになるのもつまらない。自慢することもないし。
−楽しいことって書くのは難しい。ムカついたっ!納得いかないっ!朝から両隣がメタボリックで圧死しそう!なんてのを怒りにまかせて書きなぐりたい。ストレス解消にもなる。いやいや、それだと幸せはよってこないよ…

楽しいことといえば、最近ミラーレスカメラを買った。サブカルを横目で見ていた私はもちろん写真も好きだ。フィルムカメラやポラロイドだとまあまあ味のある写真が撮れていたのだけれど、普通のデジカメにしてからイマイチ気に入らなかった。特に夜景が最悪。高いカメラを買ったら解決するわけではないだろうけれど、挑戦してみたかった。なかなか予算の都合で思いきれなかったが、先日やっと購入した。
今日はいいお天気だったので昼休みにカメラを持ってうろついてみた。会社のまわりは歴史のある街で古いお寺や神社がある。今日はお天気がいいせいか、近くに勤める会社員やタクシーの運転手、お年寄りなどがのんびり過ごしていた。そんな中に1人でカメラを提げて写真を撮るのは恥ずかしい。誰も見ていないし、見たとしても気にしやしないのに。こんな自意識が自分を縛りつけていることがわかっているのに、コントロールできないところがイヤだ。
と、自己嫌悪に陥りつつも写真を撮っていると楽しかった。一番やりたかったボケ風味もほんの少しできたし。買ったカメラにはボケコントロールというのが付いていて無理やり背景をぼけさせることができる。きっとプロの写真家には耐えられない機能なんじゃないだろうか。でも、私はプロにならないので無理やりでOK!まあ下手糞なんだけど、楽しけりゃいい。もっと操作を覚えたらあんな写真ができるはず。と夢想するのが幸せだ。

女子カメラ 2012年 03月号 [雑誌]

女子カメラ 2012年 03月号 [雑誌]

Cute Photographer おしゃれな写真が撮れる本

Cute Photographer おしゃれな写真が撮れる本

  • 作者: かくたみほ,八二一,waragai kate,吉川智子,田部朋子,胡桃,渡邉真弓,今道千里,桔花,井上陽子,長嶺輝明
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2008/05/22
  • メディア: 大型本
  • 購入: 1人 クリック: 15回
  • この商品を含むブログ (13件) を見る
おしゃれでかっこよい写真の撮り方手帖

おしゃれでかっこよい写真の撮り方手帖