レーザーフェイシャル


アンチエイジングとブログにタイトル付けながら、ほとんどアンチエイジングに関することを書いていないのですが、地味にアンチエイジングは続けています。
30代半ばから目元にできたシミが年々濃くなって行き、40歳になったくらいのときに相談に行くと肝斑と思われるのでレーザーはしないほうがいいと言われ、かさぶたを取り続けて色素沈着してしまった唇周りのシミを取るだけで終わった。そのシミは中学生くらいのときに作ったもので30年選手だったのだけど、一発で取れて「こんな簡単に取れるんならもっと早くやってればよかった」と感動した。値段も全部で7000円くらい。ここの肝斑の治療はまず美白の化粧品や薬品を使いそれで落ち着いたら光治療という流れで長い上に値段も20万くらいかかってしまうので躊躇してしまった。ちなみにそこの先生は、肝斑に効く基本的には止血剤のトランサミンは使わないのがポリシーだった。
数年して行きつけの皮膚科でシミの話をしたら、軽くトランサミンを処方してくれた。そこは美容的なことはしない普通の皮膚科で先生はトランサミンを「サプリメントのようなもの」という認識だった。トランサミンとビタミン剤2種類を毎食後1日3回飲むのは大変で、しょっちゅう忘れてしまった。そのせいか、シミは別に薄くはならなかった。
ずっとそのシミは気になっていて、最近は肝斑に効くというレーザー、レーザートーニングというのががあると知った。ネットで調べるとめちゃくちゃたくさん出てきて料金も色々。そんな中、これはと思われる病院を見つけた。肝斑も詳しいみたいだし値段も15万ほどだった。だけど、家からも会社からも恐ろしく遠かった。
ふと、ずいぶん前に脇の脱毛をしたことがある皮膚科のサイトを見てみると、そこも肝斑治療をやっているっぽい。ただし、レーザートーニングではない。ここだと家からも会社からも通いやすい。レーザートーニングでないので悩んだが、とりあえず、診察してもらった。診断は、肝斑じゃないのことで普通のシミ取りレーザーをやってもらった。ワンショット1000円で美白剤や顔に貼るテープをいれて2カ所で3万円程度。1週間くらいレーザーをした箇所に保護テープを貼り続けなければいけない。会社とかで耐えられますか?と先生に聞かれた。40代後半の私に1週間なんて一瞬だ、気にならない。
肝斑だとレーザーをやってかさぶたが取れた後、さらに黒いシミが出てくると聞いてたので恐ろしかったのだけど、そんなこともなくすごく薄くなった。とはいえ、まるっきりなくなったわけではない。濃く目立つシミが取れると今度は顔全般にこんなにシミがあるのか?!と自分でもびっくりするほどシミがあることに気付く。先生から、一つ一つレーザーで取っていくより値段も安い、顔全体を出力の弱いレーザーを当てるフェイシャルをすすめられた。
私は乾燥肌で皮膚の皮が捲れてしまいすぐ粉をふく。時々、荒れて腫れてしまったりする。行きつけの皮膚科では顔のマッサージはやらないように、洗顔後もタオルで顔をこすらないように、と言われている。なので、エステでフェイシャルとかもしたことがない。それに、レーザーは、やったことある人ならわかると思うけど結構痛い。それより弱いとはいえ、顔全体にレーザーを当てることなんて耐えられるのか?とかなりビビッてあまり乗り気ではなかった。だけど、こんな中途半端で終わらせてもいいのか?と自分の穴を叩いて1週間前にやった。
結果は、レーザーはかなりイタイ!そのあとにビタミンを導入してくれたり美容液を付けてくれるせいなのかわからないけど、肌はもちもちになってとても触り心地がいい。でも見た目はシミが浮き出ててあまりよろしくない。小さいかさぶたもできている。見た目は劇的な改善は見えない。最初取った濃いシミのあともそんなに薄くなってるとは思えない。ただ、フェイシャルは1回では効果があまりないらしい。3回くらいすると効果が見えるそうだ。
そんなわけで、1回2万5千円なんだけど、あと2回はしようと思ってます。美白剤とシルク姉さんの美顔体操をしながら地道アンチエイジングがんばります。
ちなみに今飲んでいる肝斑の薬は、トランサミン酸・シナール・ユベラを毎食後各1錠ずつ。
これと花粉症の薬や風薬なんかを飲んでるとどんな重病人だ!?と引いてしまう量です…